イベント情報

カテゴリ選択:

☆★ 大和川清流復活大作戦 ★☆

2009年12月15日

重点対策11支川の選定

11河川を重点対策支川に設定しました

支川毎・市町村毎(42地点・21河川)の水質調査の結果、
23地点(19河川)において環境基準(BOD5mg/l)が達成されませんでした。

「水質予測シミュレーション」を行い、将来(平成26年)の水質を予測しました。

水質予測シミュレーションの結果


水質改善に向けて支川毎・市町村毎に水質目標を設定し、対策を図る必要があります。

シミュレーションの結果、
「初瀬川(はせがわ)」「菩提川(ぼだいがわ)」「菰川(こもがわ)」「秋篠川(あきしのがわ)
「地蔵院川(じぞういんがわ)」「土庫川(どんごがわ)」「葛城川(かつらぎがわ)
「高田川(たかだがわ)」「岡崎川(おかざきがわ)」「三代川(みよがわ)」「信貴川(しぎがわ)

の11河川が平成26年においても環境基準を達成することが難しいと予測されました。

これらの11河川を今後特に力をいれて水質改善に取り組む「重点対策支川」に設定し、
水質改善の取り組みの重点実施と点検を行い、水質改善状況の公表を図ります。


 汚水を処理する施設には、下水道のほかに合併浄化槽、農業集落排水、コミュニティ
プラントなどがあります。また、し尿のみを処理する施設として単独浄化槽があります。
 このシミュレーションでは、平成26年度の行政人口および処理形態別人口を以下のよ
うに設定しています。

前のページへ戻る

 

ご意見・お問い合わせは、下記の各課まで
奈良県くらし創造部 景観・環境局 環境政策課県土マネジメント部 河川課県土マネジメント部 下水道課

Nara Prefecture All Rights Reserved. 各ページの記載記事、写真の無断転載を禁じます。
  • Nara Prefecture
  • 輝く水を未来に 奈良県流域下水道センター