イベント情報

カテゴリ選択:

●奈良県山の日・川の日

2019年07月31日

令和元年度 第20回 あつまれ!あおがき探検隊開催結果報告new

令和元年7月21日、天理ダム(天理市)及び布留川(天理市)おいて、
奈良県主催の「第20回あつまれ!あおがき探検隊」を開催しました!
天候が心配されましたが、薄曇りの絶好のお天気となりました。
ご参加いただいた約50名の皆さん、ありがとうございました!

☆当日の様子☆

あおがき探検隊受付の様子 あおがき探検隊の移動バス 
天理駅に集合。受付を済ませ、天理駅から天理ダムへはバスで移動します。
移動の車中にスケジュールや注意事項等の説明がありました。

リバーウォッチング説明 リバーウォッチングの様子
リバーウォッチング風景 リバーウォッチング風景
水生生物観察会(リバーウォッチング)会場へ。小さなザルを使って水生生物を捕まえます。
川の水はとても気持ちが良かったです。たくさんのスジエビやサワガニを見つけることができました。
バスで水生生物観察会の会場から、天理ダム管理センターの涼しい会場に移動します。

まとめ学習の様子 かえるのゴーグル 
続いて、奈良県水生生物研究会会長の谷幸三先生によるまとめ学習です。
左の写真は、谷先生からカエルのゴーグルを見せてもらっています。
捕まえた水生生物から、その川の水質がわかります。布留川は「ややきれいな水」であることがわかりました。
谷先生からは、生活排水が川の水を汚していることを教わりました。
水生生物の命を守るため、川の水を汚さないようにしようと思いました。

山と森の働きの話の様子 ダムの施設説明の様子
昼食休憩を挟み、山と森の働きについてお話を聞きました。山や森もダムと同じ働きをしているんですね。
ダムの施設説明聞きました。ダムの上空から撮影した動画も見ることができました。
いよいよダムの堤体内を探検です!


ダムの新ゲート見学 ダムの施設見学 ダムの堤体内見学の様子
普段みることの出来ない新ゲートのフラッシュ放流も今回特別に見学することができました。
堤体内の見学はとても涼しかったです。今回の見学会では、ダムを身近に感じられただけでなく、
山や川など、自然を守ることの大切さがわかりました。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。
来年の開催もお楽しみに!!

前のページへ戻る

 

ご意見・お問い合わせは、下記の各課まで
奈良県くらし創造部 景観・環境局 環境政策課県土マネジメント部 河川課県土マネジメント部 下水道課

Nara Prefecture All Rights Reserved. 各ページの記載記事、写真の無断転載を禁じます。
  • Nara Prefecture
  • 輝く水を未来に 奈良県流域下水道センター