新着情報

大和川清流復活ネットワーク第10回会議開催報告

平成27年1月26日(月)14:00〜15:00
奈良県流域下水道センター研修室で「大和川清流復活ネットワーク第10回会議」を開催しました。
会議の内容は次のとおりです。
当日の資料はこちらからご覧いただけます。 資料  資料


1.開 --- 開会挨拶:奈良県環境政策課 中川課長

       
           開会挨拶             会場の様子

2.議題
 ‖舅太遒凌綣漸善について
     国土交通省近畿地方整備局大和川河川事務所河川環境課 岡崎課長より、大和川の水環境改善に向け
     た取組について、またその効果についてご説明いただきました。

       

 ⊂霾麋信「水質課題の見える化」について
     「生活排水マップ」及び「大和川水質マップ」の作成により、市町村別汚濁負荷量や支川別(測定地
     点別)の水質(BOD値)が見える化されています。
     「生活排水マップ」及び「大和川水質マップ」は、トップ画面バナーからご覧いただけます。

      ※BOD --- 水中の有機物を微生物が分解するのに必要な酸素の量。値が大きいほど水質が悪い。

 重点対策支川について
     重点対策支川11支川のうち、10支川が目標を達成しています。
     平成27年度において、重点対策支川及び目標値の見直しを行う予定です。

 ぢ舅太邂貔得響櫃亮損椶砲弔い
     平成27年3月1日(日)に実施する「大和川一斉清掃」の参加及び広報について、協力をお願いし
     ました。

 ヂ舅太鄂綣繕化月間街頭啓発活動について
     ネットワーク活動の一環として、平成27年2月3日(火)及び4日(水)に行う「水質強化月間」
     の街頭啓発について、実施の手順を説明し、協力をお願いしました。

       
     ◆銑イ砲弔い討蓮▲優奪肇錙璽事務局(県環境政策課・河川課・下水道課)より説明を行いました。
     また、大和川一斉清掃の参加者募集チラシや、街頭啓発で配布する啓発物品(ポケットティッシュ)
     をネットワークメンバーにお渡ししました。        

3.質疑応答
 Q[生駒市]
    資料△裡贈錬鎮佑蓮◆崘平均値」と「75%値」のどちらかを記載しているのか。
 A[県環境政策課]
    水質マップは年平均値で、それ以外は75%値を記載しています。

    ※75%値 −−− 年間測定データを良い方から並べて、上から75%目の数字(年12回測定の場合は9番目の数字)。

 Q[生駒市]
    秋篠川は生駒市を流れていないが、秋篠川の水質関与率の内訳(資料■隠乾據璽源仮函砲棒原雹圓
    記載されているのはなぜか。
 A[県下水道課]
    河川ごとの市町村は流域界で分けている。そのため、人が住んでいない所でも流域界に属しておれば、
    評価対象に入れている。

 Q[生駒市]
    岡崎川の水質について、H24年の5.7mg/L からH25は9.8mg/L も値が急激に増加してい
    るが、なぜか。(資料■隠好據璽源仮函
 A[県環境政策課]
    岡崎川流末では年12回測定を実施しており、75%値で評価しているため、測定データにばらつき
    がある場合、このように数値が大幅に上がることがある。

 Q[NPO法人日本下水文化研究会関西支部]
    「大和川水質マップ」の中で、市町村別の発生負荷量の内訳として、「処理施設で取り除かれている
    汚れの量」と「河川に出ていく汚れの量」があるが、それぞれ具体的に教えていただきたい。
 A[県下水道課]
    「処理施設で取り除かれている汚れの量」とは、下水道及び合併浄化槽で処理されたもの。「河川に
    出ていく汚れの量」とは、単独浄化槽。

 Q[橿原市]
    BOD値について、年平均値と75%値を使い分けしている違いは何か。また、岡崎川のように、前
    年度と比べ極端に数値が変わった場合は、理由を付け加えた方が良いのではないか。
 A[県環境政策課]
    環境基準値と比較して水質の程度を評価する場合は、75%値を用いている。それ以外は年平均値を
    用いることが多い。説明時にも申したが、岡崎川の数値に悪化については、国の報告書において畜産
    系の排出が原因ではないかと言われており、監視が必要であると考えている。

 Q[安堵桜遊会]
    岡崎川の測定データで、一番良い数値と悪い数値を教えてほしい。
 A[県環境政策課]
    H25年度の岡崎川流末の測定データでは、年12回の測定データのうち、良い数値は2〜3mg/L
    程度で、悪い数値は20mg/L を超えた時もある。

 Q[NPO法人日本下水文化研究会関西支部]
    「河川に出ていく汚れの量」に、公園などの汚れ、例えば、奈良公園の鹿の糞尿などは雨天時にその
    まま川に流れているが、そのような汚れは含まれているのか?
 A[県下水道課]
    含まれていません。

 Q[秋篠川源流を守り育てる会]
    奈良市の下水道課にお伺いしたい。秋篠川上流域の下水道接続率はどのようになっているのか?
 A[奈良市下水道課]
    水洗化は94%となっている。下水道に接続できていないところは引き続き、接続への協力について
    お願いを続けます。

 要望[万葉飛鳥川長寿散歩道の会]
    18年前に会の活動を始めたが、その頃と比べ、県下の川は随分きれいになったと思う。引き続き川
    がきれいに維持できるよう、よりきれいになるよう、県民への協力に対するアピールを積極的にして
    いただきたい。 

 
4.閉会 --- 開会挨拶:奈良県下水道課 上平課長

=================================

会議終了後、大和川水質強化月間街頭啓発活動について実施場所毎に当日の打合せを行いました。
街頭啓発については、別ページに掲載しています。
◎街頭啓発実施のお知らせ http://www.yamato-river.net/new_event_contents_148.html
◎街頭啓発実施報告 http://www.yamato-river.net/info313.html



前のページへ戻る

トピックストップお知らせイベント案内新聞・テレビみんなでできるひと工夫

 

ご意見・お問い合わせは、下記の各課まで
奈良県くらし創造部 景観・環境局 環境政策課県土マネジメント部 河川課県土マネジメント部 下水道課

Nara Prefecture All Rights Reserved. 各ページの記載記事、写真の無断転載を禁じます。
  • Nara Prefecture
  • 輝く水を未来に 奈良県流域下水道センター